神戸市中央区の泌尿器科 JR元町駅すぐ

Tel.078-945-7125
  • LINE予約
  • WEB予約
  • WEB問診

泌尿器科

Urology

バイタリティクリニック神戸三宮の
泌尿器科の診療は
水曜日の18:00~22:00に行っています

  • 装飾
  • 装飾
  • 装飾
  • 装飾
  • 装飾
  • 装飾
  • 装飾
  • 装飾
  • 装飾
  • 装飾

FREQUENT URINATION

頻尿・尿漏れの治療

頻尿とは「昼間の排尿回数が7-8回以上、夜間の排尿回数が2回以上」また、尿失禁とは国際尿禁制学会の定義によると「不随意あるいは無意識な尿の漏れが社会的にまた衛生上の問題となる状態」と定義されています。

頻尿・尿漏れの治療

簡単に言うと、頻尿とは「おしっこが近くて困る」、また尿もれは「おしっこしようと思っていないのに、意識とは関係なくもれてしまう状態です。

尿もれが起こる状態を病気と考えて、医療機関できちんと治療を受けている人はかなり少なく、仕事で忙しいから受診できない、恥ずかしいから人に言えない、歳も歳だし仕方ない、どうせ治らないと諦めている、など、そのままにしているが多いのが現状です。

尿もれ、尿失禁は約80%が治せる、またコントロールできるといわれています。
尿もれでお困りの方や、他のクリニックで治療しても尿もれが改善しない患者さんは、是非当クリニックを受診してください。

SEXUALLY TRANSMITTED DISEASES

性感染症(性病)の治療

性病・性感染症(STI)は性行為によって感染する病気です。
すこし前までは、性関係に奔放な人だけが感染するような病気と考えられていましたが、最近はごく有りふれています。

性感染症(性病)の治療

性経験の低年齢化に伴い、高校生の間でも感染が広がっています。
男性の場合は、性病に感染すると主に排尿に異常が出ることが多いです。
女性の場合は、おりものの臭いや量に変化が出るなどがありますが、症状に乏しいこともあります。

ヒトパピローマワクチン(HPVワクチン)は子宮頸癌などを防ぐワクチンとして知られていますが、実は「尖圭コンジローマ」という性病も予防することが出来ます。
性病を異性に移すことで関係性が悪くなるだけでなく、不妊につながる場合もあります。
検査と予防、治療を行っていきましょう。

MALE UROLOGY

男性の泌尿器科

  • 前立腺肥大症による日中・夜間の
    頻尿治療

    夜間頻尿は「夜間に排尿のために1回以上起きなければならないという訴え」とされています。

    実際に患者さんに夜間の排尿回数が何回くらいであれば苦痛に感じられるかというと、2回以上起きてしまう場合に苦痛が強いようです。

    前立腺肥大が実は隠れていることで夜起きてしまう場合や、睡眠時無呼吸症候群があるため夜起きてしまう場合など、様々です。

  • 男性更年期障害の治療
    (男性ホルモンの補充)

    男性更年期障害は、加齢に伴う男性ホルモン(テストステロン)の低下によって生じます。LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)とも呼ばれています。発症するのは40代後半ごろからで、症状に最も悩む方が最も多いのは50~60代です。
    男性の50~60代に患者さんが最も多いのは、加齢によってテストステロンが減少することと、職場や家庭でストレスを多く抱える年代であるからと考えられています。
    テストステロンの量は、二次性徴を迎える10代前半から急激に増え始め、20歳ごろをピークに、年齢とともに徐々に減少していきます。しかし、何らかの原因でテストステロンが急に減少してしまうと、体はバランスを崩し、さまざまな不調を引き起こします。テストステロンを減少させる要因はいくつかあり、その代表的なものがストレスといわれています。

  • ED(勃起不全)治療

    バイタリティクリニック神戸三宮では、泌尿器科医によるED治療を行っています。
    ED(勃起不全)とは、男性の性機能障害の一種であり、性的な刺激に対して十分な勃起が得られない状態を指します。EDの原因は生活習慣の悪化など様々ですが、加齢によって引き起こされることが多くあります。
    当院ではみなさんのEDの症状を詳しくお聞きすることで状態を把握し、現在必要な治療方法が何かを適切に判断します。

    ED治療について詳しくは以下の記事でも解説していますので、そちらも併せてご覧ください。

    詳細はこちら
  • AGA治療

    AGAは、Androgenetic Alopeciaの略で、いわゆる「男性型脱毛症」のことをいいます。
    20代~30代で発生する「若年性脱毛症」と40代~50代に発生する男性型脱毛症を「壮年性脱毛症」が含まれます。
    AGAには男性ホルモンが大きく関わっていますが、日本皮膚科学会が発表している男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版の推奨に沿って診療をすれば、重篤な副作用は起こりにくいと言えます。

    AGA治療について詳しくは以下の記事でも解説していますので、そちらも併せてご覧ください。

    詳細はこちら

FEMALE UROLOGY

女性の泌尿器科

  • 女性に起こりやすい
    「膀胱炎・腎盂腎炎」

    膀胱炎や腎盂腎炎は女性に多く発生する傾向があります。
    その理由は、女性の方が肛門と尿道の距離が近いことと、尿道が短いことが挙げられます。

    男性は尿道が長く、前立腺という「関所」の働きをする臓器があるので、膀胱炎は起こすとこはなく、基礎疾患の無い男性であれば腎盂腎炎もまず来しません。

    症状が長引くと血尿の症状が現れたり、悪寒や体の痛みが生じることもあるため、適切に診断し、早期に抗菌薬治療を行う必要があります。
    血液検査、尿検査、腹部エコー検査を行い、診断につなげます。

  • 尿道の支えが不安定になり
    引き起こされる「尿失禁(腹圧性尿失禁)」

    出産直後や40歳代後半以降の女性に多く、尿もれの症状を来している方の半数以上を占めるのが腹圧性尿失禁です。労作事、または運動時、もしくは、くしゃみ、または咳の際の不随意な尿もれです。
    腹圧性尿失禁は次のような症状や特徴があります。

    • 咳やくしゃみをした時、笑った時に漏れる
    • 重い物を持ち上げる動作をする時に漏れる
    • 走ったり、跳んだりした時に漏れる
    • 尿意がないのに、漏れることがある
    • 子宮摘出後に尿漏れが始まった
    • 妊娠中や妊娠後に尿漏れが起きた
    • 2回以上の出産(経膣分娩)の経験がある
    • 閉経後
    • 最近、太った

    このように、おなかに力が入った時に漏れるのが腹圧性尿失禁です。
    骨盤底筋群の筋肉が弱って、膀胱や尿道を支えられなくなった時に尿道が閉じられず、尿漏れが起こります。
    原因を考え、必要に応じて大きな病院への紹介も行います。

  • 急に起こる我慢出来ないような強い尿意
    (尿意切迫感)を主症状とする「過活動膀胱」

    膀胱が過敏になっており、尿が十分に貯まっていないのに尿意を強く感じるようになることを、過活動膀胱と言います。
    頻尿になったりトイレまで間に合わず尿が漏れたりしてしまうと、生活の質が下がっていきます。

    頭をぶつけたり、脳腫瘍などが起こったりすることで障害が起こってしまう神経因性の過活動膀胱や、男性なら前立腺肥大、女性なら骨盤底筋群障害などで起こるものがありますが、原因不明の場合もあります。
    内服薬で神経の過敏さを和らげる治療や、尿意を少しずつ我慢する訓練の治療があります。

INFORMATION

バイタリティクリニック神戸三宮

Tel.078-945-7125
診療時間表

〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通4丁目1−2
三洋ビル 3階

アクセス
JR元町駅東口を出て徒歩1分
阪神元町駅東改札口を出て徒歩2分
注意事項
※当院はビルの3階ですが、エレベーターがありません。
急な階段ではありませんが、職員の数も限られており、階段を上るお手伝いすることができませんので、自力で上がれない方は、大変申し訳ございませんが来院をお断りさせていただいております。

pagetop